品質保証体制について
(バルブの素材管理について) 
 鋳鍛鋼品はすべて国産品とすることを社方針とし、有害な欠陥のない素材
を使用しています。鋳鋼品は確立された鋳造方案に基づき、購入仕様を満たす
化学成分、機械的性質を有しています。
(バルブの設計品質について) 
 当社のバルブは次の規格を満たしています。
 ・ASME規格・・・・・・・・・・・・・・・・・・VALVES 「ASME B16.34」
 ・JSME規格・・・・・・・・・・・・・・・・・・発電用原子力設備規格 「JSME S NC1」
 ・電気技術規程・・・・・・・・・・・・・・・・圧力配管及び弁類規程「JEAC3706」
 ・JPI規格・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 軽量型鋼製弁「JPI-7S-69」
 
常に信頼されるバルブ製品をユーザーへ。ウツエバルブでは品質向上・確かな
製品を目指し、万全の品質保証体制を確立しています。 当社の品質保証システ
ムはASME ”N”スタンプの流れを汲んでいます。

ASME(米国機械学会)は、ボイラ、圧力容器および原子力発電用機器などの
規格を発行し、アメリカはもちろん世界的にも認められています。
ウツエバルブで
は、原子力用プラント機器に与えられるNスタンプを昭和51年に取得するなど、
品質システムの確立に努力して来ました。その品質システムに基づき、高圧ガス
設備試験・製造認定事業所として活躍し、現在では、原子力発電所の品質保証
指針(JEAG4101)などの要求事項に基づき、見直しや改正を行い、ISOとの整
合を図っています。
(バルブの部品管理について) 
  (1)加工管理
     部品加工に使用する治工具の精度を完全に管理し、加工済完成部品の
     寸法や精度を完備された検査ゲージにより、綿密に検査しています。

  (2)熱処理管理
     部品ごとに定められた適正硬さと熱処理基準に従って正確に熱処理を
     施行し、その硬さを厳密に測定、管理しています。

(バルブの組立管理について) 
  素材管理と部品管理によって均一な精度と品質を持った部品に対し、合理的
  に整備された組立手順に従い組立を行います。
(バルブの完成品検査について) 
  完成品には各部の綿密な点検のほか、全品耐圧および弁座漏れ試験を実
  施しています。

UTSUE VALVE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
トップページはこちら